Features

​商品特長

天候の変化が激しいゲレンデ。スノーボードを楽しむにはスノーボードウェア は必須です。

GRAVER CREEKのウェアにはユーザーが安心してスノーボードを楽しんでいただけるよう、多くの工夫が施されています。

ここではGRAVER CREEKのスノーボードウェア に採用されている生地と便利な機能について紹介します。

FABRIC

​生地について

GRAVER CREEK 生地.jpg

GRAVER CREEKでは、商品のシルエットが最もキレイに見える、適度な張りと質感の生地を表地に採用しています。

実物を手にとっていただければ、そのこだわりが一目で分かるはずです。

また、安心してスノーボードを楽しんでいただけるよう、GRAVER CREEKが採用する生地には

耐水圧10,000mmの防水性があります。

この数値は、どのくらい水を通しにくいのでしょうか?

一般的な傘の耐水圧が250mm程度といわれています。

ですので、GRAVER CREEKで採用されている生地には傘の40倍程度の耐水圧があることになります。

​ゲレンデでスノーボードを安心して楽しむには十分な防水性といえます。

FUNCTIONs

​機能について

GC-4001 19P_7-min.jpg
GC-4001 19P_6-min.jpg
GC-4004 19_9-min.jpg
GC-4013 19_4-min.jpg
GC-4013 19_6-min.jpg
GC-4012 19_9-min.jpg

ウエストゲーター(ジャケット)

ウェアの中に雪が入るとインナーも濡れてしまいます。雪や水が直接体に触れてしまうことも。

​ウエストゲーターはウェア内部に雪が侵入することを防ぎます。

カフゲーター(ジャケット)

スノーボードをしていると、転んだりして手を雪上に着くことって結構あります。そんな時でも袖口からの雪の侵入を防ぐのがカフゲーターです。カフゲーターに親指を通し、その上からグローブを着用してください。

ベンチレーション(ジャケット)

寒いゲレンデでも、体を動かしているとウェア内部の温度が上がります。そんなときは脇の下にあるファスナーを開けてみてください。ウェア内にこもった熱を外に出すことができます。

GRAVER CREEK カフゲーター.jpg

​チケットホルダー(ジャケット)

リフトに乗るたびにグローブを外して、ポケットからリフト券を取り出すのは面倒ですよね。

​ジャケットの裏に収納されているチケットホルダーがあれば、ワンタッチでリフト券などを出すことができます。

ゴーグルポケット(ジャケット)

ゴーグルって結構大きくて、使わないときは邪魔だったりしますよね。どこかに置き忘れてしまうこともよくあります。

​でも、ゴーグルがすっぽり入るポケットが内側に付いていますので、その心配もありません。

GC-4001 19P_4-min.jpg

​ジョイントループ(ジャケット・パンツ)

ウエストゲーターとパンツを連結させることで、雪の侵入をさらに防ぐことができます。GRAVER CREEKのジャケットとパンツにそれぞれ対応しています。

ウエストゲーター(パンツ)

ジャケット同様、パンツのウエストゲーターもウェア内部に雪が侵入することを防ぎます。

 

GC-4001 19P_8-min.jpg

スノーゲーター(パンツ)

ブーツの中に雪が入ってしまうとなかなか乾かず、冷たいのを我慢して滑らなければなりません。

​それを防止するのがスノーゲーターです。ブーツの上にかぶせることで雪の侵入を防ぎます。

ベンチレーション(パンツ)

こちらもジャケット同様、内部にこもった熱を外に出すことができます。

GC-4012 19_7-min.jpg

ウエストアジャスター(パンツ)

ウエストのサイズ調整をすることができます。これでパンツを上げて履いたり、下げて腰履きしたりできます。ご自身の好きな着こなし方で履くことができますよ。

ヒールアジャスター(パンツ)

スノーボードパンツは丈が長めに作られています。ですので、泥道を歩いたり、トイレなどで裾が汚れてしまうことも。GRAVER CREEKのパンツには裾を引っ張り上げる機能が付いています。

GRAVER CREEK ウエストアジャスター.jpg

※商品によって付いている機能が異なります。​詳細はメンズ・ユニセックスウィメンズの商品ページでご確認ください。